自分さがしの青年心理学

西平直喜, 吉川成司 編著

本書は、自己実現の関門となる青年期の心理について、「生育史研究」「臨床」「発達」「教育」の4つの面から記述しています。第1部「生育史研究」は、青年心理学とはどういうものか、どのような発展史をもっているか、どのような研究方法があるか、といった「方法論」とかかわっている。第2部「臨床」は、30年もひたすら青年のカウンセリングに打ち込んだ筆者(五味)によって、青年期の問題点が指摘され、青年個人の悩みが分析されているのを読み取ることができる。第3部は発達の視点で、生活の中での具体的な青年心理が描かれている。第4部は、これらの青年にかかわるあらゆる知識を動員して、どのような授業が考えられ、どのような技法が青年に適した教育なのかが問われている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 青年への問いの構造(青年心理学の特質と方法
  • 青年の生活感情と自我感情
  • 青年期の恋愛 ほか)
  • 2 青年期の臨床心理(青年期の不安と悩み
  • アイデンティティ形成の障害
  • 青年期の非行と逸脱行動)
  • 3 青年期の発達心理(はじめに-外在的視点と内在的視点
  • 青年期-その発達段階と課題
  • アイデンティティということば ほか)
  • 4 青年期の教育心理(青年期の学校教育-中学・高校を焦点として
  • あり方生き方の教育
  • 学びのアイデンティティとコミュニティ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分さがしの青年心理学
著作者等 吉川 成司
西平 直喜
書名ヨミ ジブン サガシ ノ セイネン シンリガク
書名別名 Jibun sagashi no seinen shinrigaku
出版元 北大路書房
刊行年月 2000.9
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4762821934
NCID BA48631219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想