ドイツ国家学と明治国制

瀧井一博 著

「国制知」とは、国家の成り立ちと諸制度-国制を構想し、その支柱となってそれを運営していく知的営み、ないしそれに携わる学識集団である。本書は、明治日本の「国制知」をドイツ国家学に求め、ローレンツ・フォン・シュタイン、伊藤博文、渡辺洪基の思想と活動を追いながら、ドイツ国家学の成立と展開、わが国への伝播とその帰趨を見届け、その「国制知」としての実態と機能に比較法史の視角からアプローチする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「国制知」という考え方
  • 第1部 ローレンツ・フォン・シュタイン-その生涯と思想(19世紀ドイツにおける国家学の興亡
  • 「国家学者」シュタイン
  • 「比較法学者」シュタイン)
  • 第2部 シュタインと明治日本(シュタイン詣で
  • 伊藤博文の滞欧憲法調査
  • シュタインの日本論)
  • 第3部 国家学・国家学会・国家学者-明治日本の国制知(国家学会の明治国制
  • 国家学会の退場、国家学者の誕生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ国家学と明治国制
著作者等 瀧井 一博
滝井 一博
書名ヨミ ドイツ コッカガク ト メイジ コクセイ : シュタイン コッカガク ノ キセキ
書名別名 シュタイン国家学の軌跡

Doitsu kokkagaku to meiji kokusei
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 31
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.10
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 4623030989
NCID BA43686789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想