プラトンの学園アカデメイア

廣川洋一 著

古代ギリシアに、九百年余にわたって存続し、西洋的学問の源泉となる学園があった。その名は「アカデメイア」。その精神像は周知の通りだが、はたして具体的身体像はいかなるものであったか?古典文献を渉猟しつつ、実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 学園の自然環境
  • 2章 研究と教育のための施設
  • 3章 創設の時期
  • 4章 法的地位-宗教結社か
  • 5章 経済-学園の経済的基礎
  • 6章 学園の日常
  • 7章 予備学問-科目とその性格
  • 8章 学園におけるプラトン-その役割と教育法
  • 9章 学問の自由
  • 10章 黄金の連鎖-学園の存続をめぐって
  • 11章 学園の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンの学園アカデメイア
著作者等 広川 洋一
廣川 洋一
書名ヨミ プラトン ノ ガクエン アカデメイア
書名別名 Puraton no gakuen akademeia
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.1
ページ数 341p
大きさ 15cm
ISBN 4061593617
NCID BA39377645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99056003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想