花時計

津村節子 著

創ることの苦しみ、悩み…人と人との温かい心のふれあい…日本の美の壮麗な輝き…などなど、小説家の心の時計は綿々と時を紡ぎ続ける。会心の最新エッセー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 創るということ(あの頃
  • 自分と出会う
  • 今ひとたび ほか)
  • 2 ふれあい(佐渡の郷土史家
  • 織田のちゃわんや
  • 懐しい思い出の数々 ほか)
  • 3 めぐる月日(風流な学生
  • だるま屋少女歌劇
  • オペレッタの魅力 ほか)
  • 4 折々の思い(日本の美しいかたち
  • 佐渡の文弥人形
  • 越前和紙との出会い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花時計
著作者等 津村 節子
書名ヨミ ハナドケイ
書名別名 Hanadokei
出版元 読売新聞社
刊行年月 1998.11
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4643981148
NCID BA38779916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想