走査型プローブ顕微鏡 : STMからSPMへ

西川治 編著

本書はSTMと走査型プローブ顕微鏡について、観察と解析を最新の例をあげて解説している。表面構造や原子の電子状態をどのように調べるか、導電性に乏しい試料をどう扱うか、像をどのように解釈していくか等を多くの写真をまじえながら述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 トンネル顕微鏡
  • 2 トンネル電流と電子状態
  • 3 有機・生体分子のプローブ顕微鏡像-見え方と解釈
  • 4 トンネル顕微鏡のメカニズムと像の評価
  • 5 拡がる世界
  • 6 トンネル確率と見えた原子の見分け方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 走査型プローブ顕微鏡 : STMからSPMへ
著作者等 西川 治
書名ヨミ ソウサガタ プローブ ケンビキョウ : STM カラ SPM エ
書名別名 Sosagata purobu kenbikyo
出版元 丸善
刊行年月 1998.3
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 4621044583
NCID BA35145400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想