ヨーロッパの舌はどう変わったか : 十九世紀食卓革命

南直人 著

十九世紀、ヨーロッパの食卓に未曾有の変動が起きる。植民地からの誘惑の味、コーヒー・砂糖。科学の福音、缶詰。テーブルマナーの洗練、美食大衆の誕生。食の近代化が変貌させたヨーロッパ人の心と体を追う異色の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飢えからの解放
  • 第2章 植民地の「恩恵」
  • 第3章 食の産業化
  • 第4章 変わる食習慣
  • 第5章 イデオロギーとしての食
  • 第6章 食の「民主化」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの舌はどう変わったか : 十九世紀食卓革命
著作者等 南 直人
書名ヨミ ヨーロッパ ノ シタ ワ ドウ カワッタカ : ジュウクセイキ ショクタク カクメイ
書名別名 Yoroppa no shita wa do kawattaka
シリーズ名 講談社選書メチエ 123
出版元 講談社
刊行年月 1998.2
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 406258123X
NCID BA34581699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想