ボディ・ソシアル : 身体と感覚の社会学

アンソニー・シノット 著 ; 高橋勇夫 訳

わたしの身体は誰のものか?身体の境界は?その意味は?価値は?そして身体はいかに生きられ、愛されるべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 身体-墓、神殿、機械、自己
  • 2 ジェンダー-二元論そして対立する性
  • 3 美と顔-真実と善良、鏡と仮面
  • 4 髪-恥と栄光
  • 5 感覚-謎とバランス
  • 6 触覚-第一感覚
  • 7 嗅覚-堕ちた天使と強力な魔法使い
  • 8 視覚-目(アイ)と私(アイ)
  • 9 身体と感覚

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボディ・ソシアル : 身体と感覚の社会学
著作者等 Synnott, Anthony
高橋 勇夫
シノット アンソニー
書名ヨミ ボディ ソシアル : シンタイ ト カンカク ノ シャカイガク
書名別名 The body social
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.12
ページ数 454, 31p
大きさ 20cm
ISBN 4480842462
NCID BA33919701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想