興福寺

泉谷康夫 著

藤原氏の氏寺として南都第一の大寺にまで発展し、宗教界を主導した興福寺は、中世には大和一国をも支配する一大世俗的勢力としてその威をふるった。創建から明治維新にいたる盛衰の歴史を、新たな研究成果を交え詳述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 研究史
  • 第2 興福寺の創建と発展
  • 第3 興福寺の変質
  • 第4 興福寺の大和国支配
  • 第5 興福寺の経済
  • 第6 下剋上と興福寺
  • 第7 近世から明治維新へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 興福寺
著作者等 泉谷 康夫
日本歴史学会
書名ヨミ コウフクジ
書名別名 Kofukuji
シリーズ名 日本歴史叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.11
版表示 新装版.
ページ数 227, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642066551
NCID BA32981630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想