世界の太陽と月と星の民話

日本民話の会, 外国民話研究会 編訳

「月の兎」はどこからきたか。人類の豊かな想像力の世界にあそび、宇宙をめぐるイメージの多様化と共通性におもいをはせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太陽(太陽を射る
  • かくれた太陽
  • ヨーロッパの太陽の話)
  • 第2章 月(月の黒斑
  • 月の満ち欠け ほか)
  • 第3章 星(大熊座・北斗七星
  • すばる ほか)
  • 第4章 太陽と月と星(太陽と月の結婚
  • 太陽と月の別れ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の太陽と月と星の民話
著作者等 外国民話研究会
日本民話の会
書名ヨミ セカイ ノ タイヨウ ト ツキ ト ホシ ノ ミンワ
書名別名 Sekai no taiyo to tsuki to hoshi no minwa
シリーズ名 世界民間文芸叢書 別巻
出版元 三弥井書店
刊行年月 1997.6
ページ数 250, 24p
大きさ 20cm
ISBN 4838290365
NCID BA31253343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98066903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想