新しい産業社会学 : 仕事をとおしてみる日本と世界

犬塚先 編

はたらく世界って、いま、どんなになっているんだろう?-国際化、情報化の波に洗われ、就業構造や企業組織の変貌著しい現代の産業社会を社会学の目で捉えなおし、産業社会学の基本的な視角を学びます。社会に出るあなたへのガイドブックでもある、最新のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国際化と日本的経営システム
  • 第2部 若者、女性そして高齢者の就業と意識
  • 第3部 情報化社会における仕事の変化
  • 第4部 働く人のネットワーク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい産業社会学 : 仕事をとおしてみる日本と世界
著作者等 上林 千恵子
中村 圭介
小木曽 道夫
山田 信行
岡村 清子
岩本 純
橋本 健二
犬塚 先
秋元 樹
野畑 眞理子
書名ヨミ アタラシイ サンギョウ シャカイガク
書名別名 Atarashii sangyo shakaigaku
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.4
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 4641120307
NCID BA3010355X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想