会津藩老・西郷頼母自叙伝『栖雲記』私注

堀田節夫 著

旧会津藩家老西郷頼母は戊辰敗残の汚辱と生残りのうしろめたさに耐えながら、なにを支えに明治新生の世に生きようとしたのか。頼母の自伝『栖雲記』は多くの謎を秘めつつなお現代に何かを訴えようとしている。頼母研究で著名な堀田節夫氏がこの『栖雲記』に注を施こし、その謎を解こうとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 会津痛恨-西郷頼母と『栖雲記』
  • 第2部 『栖雲記』本文解説・釈文
  • 第3部 『栖雲記』私注
  • 西郷頼母略年譜
  • 「幕末維新人名事典」抜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会津藩老・西郷頼母自叙伝『栖雲記』私注
著作者等 堀田 節夫
書名ヨミ アイズ ハンロウ サイゴウ タノモ ジジョデン セイウンキ シチュウ
出版元 東京書籍
刊行年月 1993.9
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4487790670
NCID BN10258930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94002152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想