桜・愛と青春と生活

田中英光 著

六尺二十貫、ロス五輪、ボートの日本代表選手・田中英光。太宰治を敬愛すること深く、太宰の逝った翌年、文化の日、三鷹禅林寺の太宰の墓前にて自裁。巨大な体躯をもてあますような傷つきやすい魂を持ち、純粋に、戦中・戦後を生きようとして果てた著者の初期秀作「桜」、また、結婚までの青春の錯綜を描く「愛と青春と生活」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜・愛と青春と生活
著作者等 田中 英光
書名ヨミ サクラ アイ ト セイシュン ト セイカツ
書名別名 Sakura ai to seishun to seikatsu
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.9
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4061961918
NCID BN08498250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92067846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想