子どもたちは泣いたか : ナチズムと医学

ギュンター・シュヴァルベルク 著 ; 石井正人 訳

大戦終結直前にハンブルクの強制収容所から20人の子どもの姿が消えた。"ハイスマイヤーの子どもたち"と呼ばれていたこの子らはどこへ行ったのか。-ナチス親衛隊医師の生体実験に使われた子どもたちの運命を追う感動のルポルタージュ。アンネ・フランク賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生体実験を開始してもよい
  • 第2章 子どもたちにとって死は日常的だった
  • 第3章 ベルリンからの殺害命令
  • 第4章 「子どもたちは泣いたか」
  • 第5章 強制収容所を海へ
  • 第6章 誰も殺害者ではない
  • 第7章 ヨーロッパ中をめぐる血ぬられた足跡
  • 第7章 人殺したちにとって最良の時代
  • 第9章 アルノルト・シュトリッペル-ある名誉ある男の記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもたちは泣いたか : ナチズムと医学
著作者等 Schwarberg, Günther
石井 正人
シュヴァルベルク ギュンター
書名ヨミ コドモタチ ワ ナイタカ
書名別名 Der SS-Arzt und die Kinder vom Bullenhuser Damm
出版元 大月書店
刊行年月 1991.7
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4272530259
NCID BN06534761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91058726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想