多賀城碑 : その謎を解く

安倍辰夫, 平川南 編

多賀城の創建・改修問題を解く唯一の資料・多賀城碑の総合研究。『おくのほそ道』に「壷の碑」と記された多賀城碑は江戸時代の文人たちが大きな関心を示したのに対し、明治以降は一貫して偽作と信じられてきたが、本書において真碑であるとの結論をえ、1998年には晴れて国の重要文化財に指定された。碑地下部分の調査を追録。

「BOOKデータベース」より

『おくのほそ道』に「壷の碑」と記された多賀城碑は江戸時代の文人たちが大きな関心を示したのに対し、明治以降は一貫して偽作と信じられてきたが、ここ10年にわたる研究の結果、ついに真碑であるとの結論を得るに至った。芭蕉が感涙にむせんだ多賀城碑(宮城県多賀城市)の総合的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 碑の謎
  • 第1章 碑の発見とその名声
  • 第2章 碑の真偽論争
  • 第3章 姿・石材・彫り方
  • 第4章 字くばりとものさし
  • 第5章 筆跡の検討
  • 第6章 壷碑
  • 第7章 碑文の検討
  • 第8章 発堀調査からみた多賀城の変遷
  • 第9章 多賀城碑地下部分の発堀調査
  • 終章 碑文の語るもの

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 碑の謎
  • 第1章 碑の発見とその名声
  • 第2章 碑の真偽論争
  • 第3章 姿・石材・彫り方
  • 第4章 字くばりとものさし
  • 第5章 筆跡の検討
  • 第6章 壷碑
  • 第7章 碑文の検討
  • 第8章 発掘調査からみた多賀城の変遷
  • 終章 碑文の語るもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多賀城碑 : その謎を解く
著作者等 安倍 辰夫
岡田 茂弘
平川 南
永広 昌之
鎌田 俊昭
高野 芳宏
黒田 正典
書名ヨミ タガジョウヒ
書名別名 Tagajohi
出版元 雄山閣
刊行年月 1989.6
版表示 増補版
ページ数 315, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4639008627
NCID BA44655860
BN03615255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89045982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想