文の文化と武の文化 : 隣の国の同と異

韓準石 著

韓国と日本の近代化の成否を分けた経済文化-「文」と「武」-をキーコンセプトとし、成功と失敗が表裏をなすことを示して、ともに大きく躍進する韓日経済の現在を分析しつつ、偏見と誤解に満ちた既成の韓国観・日本観の見直しを迫り、東アジアの平和と繁栄の条件をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 表れた「同」と「異」
  • 日韓両国の近代化に差をつけた武と文の文化
  • 日本の「武」の文化とその功過
  • 韓国の「文」の文化の受難
  • 武の文化の取入れと韓国の発展
  • 日韓両国の無知と過ち
  • 歴史教科書-わだかまりの根源
  • 日韓双方の最近の変化を読む
  • 東アジアの平和と繁栄の条件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文の文化と武の文化 : 隣の国の同と異
著作者等 韓 準石
書名ヨミ ブン ノ ブンカ ト ブ ノ ブンカ
書名別名 Bun no bunka to bu no bunka
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.5
ページ数 263, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4641065292
NCID BN03542107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89042592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想