富士ゼロックス変身への躍動 : 「ドキュメント」いつも青春企業 New work way

石山順也 著

1988年2月-それは富士ゼロックスを語るうえで決して忘れることのできない"特別な時"となるだろう。その月、ホーム・パーソナル市場へ、ハンディ転写マシン『写楽』を引っさげて参入することを発表した。もう1つ、ニューワークウェイ(New Work Way)宣言を行なった。社員1人ひとりが変化に感性豊かに対応し、個発想=創造性を発揮することで培った情報発信力、提案力をもって、世の中に創造的なオフィス環境を提供できる"高感度企業"を目指すこと、つまり、つねに青春企業たらんと躍動し始めたのである。『写楽』開発物語は、その先がけ的な動きだった。本書は、その物語を包み込みながら、大いなる変身へ向けて、さまざまに躍動し始めた富士ゼロックスの現状報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一章 88年2月に新たな躍動が浮上した
  • 第2章 ベンチャーから大企業への急成長の軌跡
  • 第3章『写楽』開発へのうごめき
  • 第4章 少人数の個がたゆまぬ努力で組織を動かす
  • 第5章 フォローの風うけ『写楽』市場導入へ
  • 第6章 社内の各事業部門も元気づき始めた
  • 第7章 ニューワークウェイの動き一斉開花へ
  • 富士ゼロックスはいま"青春"まっ只中

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 富士ゼロックス変身への躍動 : 「ドキュメント」いつも青春企業 New work way
著作者等 石山 順也
書名ヨミ フジ ゼロックス ヘンシン エノ ヤクドウ
書名別名 Fuji zerokkusu henshin eno yakudo
出版元 日本能率協会
刊行年月 1989.2
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4820705423
NCID BN03330448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想