川にすむ生き物たち

森下郁子 著 ; 川上洋一 絵

私たちは、川の生物たちがどう影響をうけるか、また周辺の陸上生態系や、ひいては人間の生活にまで及ぶ影響について予測をたてて行動をしなければなりません。川はだれのものでもないのですから、人間が一人合点の思いこみで突走ってはいけないのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の川にはトビケラがいる
  • 池の顔ぶれが変わってきた
  • 湖にはプランクトンやベントスが多い
  • ダムがつくられ姿を消した生物
  • ダムに魚道がつくられた
  • 生物によって川の汚れ具合を知る〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川にすむ生き物たち
著作者等 川上 洋一
森下 郁子
書名ヨミ カワ ニ スム イキモノタチ
シリーズ名 自然の中の人間シリーズ 川と人間編 8
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1989.1
ページ数 39p
大きさ 31cm
ISBN 4540881086
NCID BN03129767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89017155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想