COMPAL&C言語 : ソフトウエアの生産性向上を実現する

富士ソフトウエア企画編集グループ, 岩井俊介 著

富士ソフトウエアと筑波大学論理システム研究室は共同でソフトウエアの生産性を向上させるシステム、すなわち「ソフトウエア開発支援システム」の一環としてCOMPAL(COMputer PAL)を開発しました。COMPALにより、グラフィック端末と対話しながら構造化フローチャート(COMPAL図)を作成すれば、C言語のソース・プログラムおよび各種ドキュメントが自動的に作成されます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 COMPAL COMPALについての解説とCOMPAL図作成の説明を行います。
  • 第2部 C言語演習 COMPAL図とC言語によるプログラムの作成が学習できるようになっています。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 COMPAL&C言語 : ソフトウエアの生産性向上を実現する
著作者等 富士ソフトウエア
富士ソフトウエア株式会社
岩井 俊介
富士ソフトウエア企画編集グループ
書名ヨミ コンパル アンド シーゲンゴ
シリーズ名 デジタル学園教材シリーズ 1
出版元 富士ソフトウエア
刊行年月 1986.3
ページ数 242p
大きさ 26cm
ISBN 4938455021
NCID BN07963027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87002417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想