結晶学序説

定永両一 著

結晶の対称性に関する基本的事項のやさしい解説からはじめ、古典的結晶学の最近の拡張研究までをつぶさに紹介する。とくに群論による数理結晶学の成果を十分にもりこんだ本書は、その完成に貢献した著者ならではの、この分野最初の解説書である。鉱物学教室における永年の指導経験を基に初学者への教育的配慮を盛りこみ、理工系学生の自習書としても役立つことを期した。また関連分野の研究者には的確な指針を与える必読書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 結晶と対称
  • 第2章 微視的対称の種類
  • 第3章 対称操作の組合せ
  • 第4章 結晶の巨視的対称
  • 第5章 群と運動
  • 第6章 正則点系と結晶格子
  • 第7章 準同型と点群
  • 第8章 空間群導出の方法
  • 第9章 空間群の導出
  • 第10章 空間群論の拡張

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結晶学序説
著作者等 定永 両一
書名ヨミ ケッショウガク ジョセツ
書名別名 Kesshogaku josetsu
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.10
ページ数 315p
大きさ 22cm
ISBN 4000053140
NCID BN00417200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想