鳩の薄闇 : 日本の詩/オクタビオ・パス/写真

飯島耕一 著

<われ太平洋の橋とならん>若き日の新渡戸稲造はそう志した。この志は,はたして真に遂げられたのであろうか。本書は,カナダのマッギル大学準教授である著者が,日米双方の文献と諸説を徹底調査することによって,いわば太平洋の向う岸から明らかにしたドクター・ニトベの家像である。新渡戸は,英文『武士道』(1899)の著者,国際連盟事務次長として,戦前,最も国際的に知られた日本人であった。本書の第1部では,『武士道-日本の魂』の内容の分析と,その海外での評価を通して,彼が日本文化の仲介者として,いかなる役割を果したかを再検討する。第2部では,満州事変後,彼が日本軍部の行為を弁護してアメリカでなした講演活動と著作が,どのような反響と失望をもたらしたか,それは,彼の<転向>を意味するのか,それとも,彼の国家観・アジア観のうちにその根をもっていたのか,を問う。いま,国際化時代を生きる我々に,新渡戸の<太平洋の橋>として仕事の意味を考察するこの書は,ひとつの自己認識への示唆を与えるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文化紹介者としての新渡戸稲造
  • 満州事変後の新渡戸稲造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳩の薄闇 : 日本の詩/オクタビオ・パス/写真
著作者等 太田 雄三
飯島 耕一
書名ヨミ ハト ノ ウスヤミ
出版元 みすず書房
刊行年月 1986.4
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4622003449
NCID BN00143932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想