所有論の歴史

蛯原良一 著

マルクスの所有法則転換論への思想史的接近!ジョン・ロック以来、近代的所有権確立の根拠を問い続けた先駆者たちの足跡をとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一章 ジョン・ロックの所有法則転換論(『統治論』における所有論と「価値」論
  • 『若干の考察』における経済学
  • 『若干の考察』における所有論)
  • 第二章 アダム・スミスの「初期未開状態の社会」と所有法則転換論(スミスの所有法則転換論
  • 「初期未開状態の社会」におけるスミスの所有論と価値論)
  • 第三章 リカードウ派社会主義者たちの所有法則転換論(P・レイヴンストーンの所有法則転換論
  • Th・ホジスキンの所有法則転換論
  • J・グレイの所有法則転換論
  • J・F・ブレイの所有法則転換論)
  • 第四章 A・E・シェルビュリエの所有法則転換論
  • 第五章 K・マルクスの所有法則転換論(『資本論』における単純商品生産と所有法則転換論(『資本論』における二つの所有法則転換論))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 所有論の歴史
著作者等 蛯原 良一
書名ヨミ ショユウロン ノ レキシ
シリーズ名 社会科学選書
出版元 世界書院
刊行年月 1986.4
ページ数 263p
大きさ 20cm
NCID BN00657532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86034682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想