塩のはなし

半田昌之 著

みなさんは「塩」というと,しょっぱい味をつけるためのものと考えるでしょう。でも,それだけのものではありません。塩は,人間のからだにどうしても必要なものですし,現在のいろいろな工業製品をつくるのにもなくてはならないものなのです。この本には,日本人が塩を手に入れるため,どんな工夫を重ねてきたのか,また,塩がどのような使われかたをしているのか,わかりやすく書かれています。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 塩のはなし
著作者等 半田 昌之
書名ヨミ シオ ノ ハナシ
シリーズ名 人間の知恵
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 1986.4
ページ数 47p
大きさ 23cm
ISBN 4378037246
NCID BN05261823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86034135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想