寝覚  上

関根慶子 全訳注

『寝覚』は『夜半の寝覚』『夜の寝覚』とも呼ばれ、平安後期を代表する物語の1つ。姉の婚約者に垣間見られて契った太政大臣の姫君の苦悩を中心に描く。上巻はその美しい姫君の夢に天人が琵琶を教える暗示的な話から始まる。男の垣間見から契りへ進み、互いに相手を誤認したまま姫君は懐妊する。男は姉と予定通り結婚するが双方とも姫君を義妹と知って驚愕。男の熱愛のうち女児を出産、姉の激怒の中で姫君の苦悩は深刻化する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寝覚
著作者等 関根 慶子
書名ヨミ ネザメ
書名別名 Nezame
シリーズ名 夜半の寝覚
講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1986.4
ページ数 450p
大きさ 15cm
ISBN 4061587323
NCID BN08342502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86031358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想