皇帝ハイレ・セラシエ

リシャルト・カプシチンスキー 著 ; 山田一広 訳

1974年、エチオピア革命。約半世紀にわたって君臨した皇帝が廃位されると、著者たちは現地へ飛び、隠れ暮らす宮廷の元召使たちにインタビューを重ねる。ドア番、足台係、皇帝の愛犬の小便係、忠臣の財布運び係…。彼らの素朴な言葉から、他人を誰も信用せず、自ら張りめぐらした諜報網の中、ひたすら権力に執着した独裁者の素顔が、浮き彫りにされてゆく。3000年の飢餓と貧困の上に立った独裁から革命への日々をよみがえらせる戦慄のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇帝ハイレ・セラシエ
著作者等 Kapuscinski, Ryszard
山田 一広
山田 一廣
カプシチンスキー リシャルト・
書名ヨミ コウテイ ハイレ セラシエ
書名別名 The Emperor:a downfall of an autocrat

エチオピア帝国最後の日々
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.3
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4480852972
NCID BN00384699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86030644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想