責任と罰の意識構造

石村善助 [ほか]編著

[目次]

  • 第1部 課題と方法(第1章 研究の目的と方法
  • 第2章 責任研究の理論)
  • 第2部 責任の基本構造(第1章 責任帰属
  • 第2章 問責行動
  • 第3章 責任帰属と問責行動)
  • 第3部 研究の展開(第1章 新聞にあらわれた責任
  • 第2章 責任判断の心理過程
  • 第3章 「責任」の解消過程
  • 第4章 横浜設例とその結果)
  • 資料1 調査票の一組
  • 資料2 基本調査における分析項目一覧
  • 資料3 設例・ヴァリエーション別責任評定等一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 責任と罰の意識構造
著作者等 所 一彦
石村 善助
西村 春夫
書名ヨミ セキニン ト バツ ノ イシキ コウゾウ
出版元 多賀
刊行年月 1986.2
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4811541405
NCID BN00430399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86029499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想