消防年報  昭和59年

[目次]

  • 目次
  • 第1 福岡県消防体制の現況 / 2
  • 第2 消防組織 / 21
  • 1 概況 / 21
  • 2 消防本部・署 / 21
  • 3 消防団 / 22
  • 第3 消防施設 / 49
  • 1 消防機械 / 49
  • 2 消防水利 / 49
  • 第4 消防財政 / 71
  • 1 市町村の消防費 / 71
  • 2 消防費の財源 / 73
  • 第5 消防職・団員の活動と処遇 / 135
  • 1 活動状況 / 135
  • 2 公務災害の状況 / 135
  • 3 処遇 / 135
  • 4 消防表彰 / 148
  • 第6 火災の実態 / 161
  • 1 概要 / 161
  • 2 火災件数及び損害額 / 164
  • 3 死傷者数 / 166
  • 4 出火原因 / 176
  • 5 市町村別火災状況 / 182
  • 6 月別火災発生状況 / 194
  • 7 時間別火災発生状況 / 195
  • 8 学校及び病院等火災 / 196
  • 9 火災に関する他の都道府県との比較 / 202
  • 第7 救急・救助業務 / 207
  • 1 救急業務実施体制 / 207
  • 2 救急業務の実施状況 / 210
  • 3 救助業務実施状況 / 224
  • 第8 防災対策 / 229
  • 1 昭和58年度災害概況 / 229
  • 2 昭和58年における気象警報発表状況 / 229
  • 3 昭和58年月別雨量 / 230
  • 4 昭和58年における福岡県災害対策本部等設置状況 / 232
  • 5 昭和58年災害年報 / 233
  • 6 三井三池鉱業所有明鉱の災害について / 235
  • 7 三池炭鉱坑内火災事故調査委員会中間報告書について / 237
  • 8 昭和58年度災害弔慰金等支給状況 / 241
  • 9 昭和58年度防災訓練実施状況 / 241
  • 10 防災行政無線通信網の概要 / 258
  • 第9 予防行政の現況 / 265
  • 1 民間防火組織 / 265
  • 2 防火対象物の実態 / 284
  • 3 消防用設備等の規制の現状 / 285
  • 4 表示・公表制度の実状 / 288
  • 5 消防設備士免状 / 288
  • 第10 危険物規制 / 293
  • 1 危険物製造所等の施設数 / 293
  • 2 危険物製造所等の火災及び事故 / 302
  • 3 危険物取扱者免状 / 303
  • 第11 消防教育訓練 / 307
  • 1 消防学校の概要 / 307
  • 2 消防学校の沿革 / 307
  • 3 施設の概要 / 308
  • 4 学校教育の基本方針 / 309
  • 5 教育の種類 / 309
  • 6 昭和58年度教育の実施結果 / 312
  • 7 教育の教科目別時間数 / 313
  • 第12 その他 / 329
  • 福岡県消防機関の名称及び所在地 / 329

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 消防年報
著作者等 福岡県
書名ヨミ ショウボウ ネンポウ
巻冊次 昭和59年
出版元 福岡県
刊行年月 [1985]
ページ数 332p
大きさ 26cm
全国書誌番号
86017683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想