城のなかの人

星新一 著

太閤秀吉の遺言に従って、豊臣秀頼は7歳を迎えた正月早々、大坂城に移された。世間と隔絶され、美と絢爛のうちに育った秀頼にとっては、大坂城の中だけが現実であり、安らぎに満ちた世界であった。ところが、徳川との対立が激化するにつれ、秀頼は城の外にある「悪徳」というものの存在に気づく。異常な人間関係の中での苦悩と滅びの人生を描いた表題作のほか、「正雪と弟子」「はんぱもの維新」など5編の時代小説を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 城のなかの人
著作者等 星 新一
書名ヨミ シロ ノ ナカ ノ ヒト
書名別名 Shiro no naka no hito
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1977.5
版表示 改版
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-04-130326-9
NCID BA88161074
BN0253670X
BN02741516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77031377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想