国民経済の諸類型

川島武宜, 松田智雄 編

[目次]

  • 目次
  • I
  • 一九世紀末欧米綿工業の吸引と反撥 松尾太郎 / p3
  • 後進資本主義史研究への一視角 水沼知一 / p41
  • 経済発展と家族的経営 中川敬一郎 / p71
  • II
  • 問屋制の終焉 武居良明 / p97
  • 産業資本確立期におけるイギリス穀作農業の発展 毛利健三 / p127
  • 自由放任主義と労働組合 岡田与好 / p157
  • イギリス近代所領経営の経営理念 米川伸一 / p181
  • 『商工業不況調査委員会報告書』分析 吉岡昭彦 / p207
  • 一八七〇-一九一三年間のランカシャ綿業における技術変化と市場構造 竹内幹敏 / p235
  • アメリカ資本主義の諸特質 鈴木圭介 / p267
  • 十九世紀末-二十世紀初頭のアメリカ労働史の趨勢 津田真澂 / p283
  • III
  • 十九世紀前半におけるフランス農業=土地問題への一視角 誉田保之 / p319
  • 産業革命期のフランス製鉄業 遠藤輝明 / p349
  • 第二帝制=ボナバルティズムとフランス資本主義 中木康夫 / p389
  • 国民経済の建設における関税・貿易政策 諸田実 / p419
  • 南ドイツにおける都市手工業者層の「窮乏化」 柳沢治 / p445
  • ドイツ資本主義構造論に寄せて 松田智雄 / p469
  • ドイツ革命の根本問題 関口尚志 / p505
  • ワイマル期のドイツにおける国内植民 北條功 / p537
  • 労働者国家のもとでの近代化と産業化 湯浅赳男 / p569
  • 米国経済援助期間における台湾経済の発展 張漢裕 / p593
  • IV
  • 明治前・中期の小営業 長幸男 / p619
  • 明治中期の農民層分解 大内力 / p647
  • 明治権力による絹業の組織化過程 山田舜 / p677
  • 日本製糸業賃労働の構造的特質 大石嘉一郎 / p707
  • 財閥の実態をめぐる諸問題 安藤良雄 / p735
  • 「科学主義工業」小論 大河内暁男 / p759
  • 「ゲルマン的共同体」における「形式的平等性」の原理について 川島武宜 / p773
  • 入会林野近代化法の若干の問題点 渡辺洋三 / p797

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民経済の諸類型
著作者等 大塚 久雄
川島 武宜
松田 智雄
書名ヨミ コクミン ケイザイ ノ ショルイケイ
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
ページ数 813p
大きさ 22cm
NCID BN04163421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68009498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想