パリは燃えているか?  上

ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著 ; 志摩隆 訳

第二次世界大戦末期、敗色濃厚なドイツ軍は内部分裂を始め、1944年7月にはヒトラー暗殺も企てられた。追い詰められたヒトラーは常軌を逸したパリ破壊命令を下す。「パリを敵の手に渡すときは、廃墟になっていなければならない!」ナチス占領下のパリは街中に爆薬を仕掛けられ、ドイツ軍フォン・コルティッツ将軍の命令一下で吹き飛ぶ、まさに風前の灯ともいうべき状況にあった。エッフェル塔、凱旋門、ノートル=ダム寺院、ルーヴル美術館、あらゆる歴史的建造物が消滅する危機にあった花の都は、いかにして廃墟となる運命を免れたか?第二次世界大戦における劇的パリ解放の真実を描いた、二十世紀最高のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリは燃えているか?
著作者等 Collins, Larry
Lapierre, Dominique
志摩 隆
コリンズ ラリー
ラピエール ドミニク
ラリー・コリンズ
ドミニク・ラピエール
書名ヨミ パリ ワ モエテイルカ
シリーズ名 ハヤカワ・ノンフィクション
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 1966
ページ数 298p 図版 地図
大きさ 19cm
ISBN 4152086270
NCID BN06786618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66005305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想