有馬温泉史話

小沢清躬 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 凡例
  • 一 有馬温泉の沿革 / 1
  • 二 有馬山 / 18
  • 三 奈良及び平安朝の有馬 / 26
  • 四 中世の有馬 / 32
  • 五 豊太閤と有馬温泉 / 36
  • 六 杉谷の行宮 / 59
  • 七 有明櫻 / 66
  • 八 有馬の湯女 / 72
  • 九 入浴法と湯文(湯治養生記) / 94
  • 一〇 妬湯(うはなりゆ) / 99
  • 一一 有馬温泉と龍筩 / 107
  • 一二 かな山御差留願訴狀 / 116
  • 一三 有馬温泉場の禁忌 / 127
  • 一四 有馬湯(汲み湯、取り湯) / 133
  • 一五 間の錢(まのせに) / 138
  • 一六 鼓の瀧 / 140
  • 一七 有馬ぶし / 145
  • 一八 佛座巖 / 160
  • 一九 有馬温泉の性質 / 163
  • 二〇 現在の寺院(藥師堂、善福寺、極樂寺、林溪寺、念佛寺) / 171
  • 二一 昔の寺院 / 183
  • 二二 香川修菴と柘植龍洲 / 189
  • 二三 湯泉神社 / 194
  • 二四 亀の尾瀧 / 199
  • 二五 有馬温泉の温度の變遷 / 201
  • 二六 口上書二通(竹橋餘筆) / 206
  • 二七 日本第一神靈泉碑 / 210
  • 二八 有馬の金石文 / 214
  • 二九 天神社 / 217
  • 三〇 瑞寶寺趾 / 219
  • 三一 有馬に於ける連歌 / 223
  • 三二 有馬賦(三千風と孟遠) / 237
  • 三三 湯山藏米算用狀三通 / 244
  • 三四 地獄谷、毒水、鳥地獄、虫地獄 / 253
  • 三五 眼洗湯 / 256
  • 三六 温泉寺の鐘銘 / 261
  • 三七 有馬の交通路 / 265
  • 三八 湯槽の廣サ / 273
  • 三九 十二景と六景 / 278
  • 四〇 十二坊 / 285
  • 四一 有馬潮と湯本藥師 / 290
  • 四二 塩尾寺と塩尾湯 / 292
  • 四三 泉源の浚渫 / 294
  • 四四 宇田川榕菴の有馬温泉分析 / 302
  • 四五 有馬土產 / 308
  • 四六 花の湯 / 316
  • 四七 炭酸泉 / 319
  • 四八 ラヂウム泉 / 325
  • 四九 六甲山の鳴動 / 331
  • 五〇 現在の有馬温泉場 / 334
  • 五一 雜錄 / 338
  • 五二 有馬に關する文献總目 / 346

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 有馬温泉史話
著作者等 小沢 清躬
書名ヨミ アリマ オンセン シワ
書名別名 Arima onsen shiwa
出版元 五典書院
刊行年月 昭13
ページ数 359p
大きさ 23cm
NCID BN01111465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46044574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想