五万石騒動

細野格城 (平格) 編

[目次]

  • 目次
  • 上編
  • 緒言 / 1
  • 高◇城主交迭の概略 / 2
  • 大河内氏再度入城の事 / 4
  • 城附五万石五郷別各村石高の事 / 5
  • 年貢取立の実例 / 11
  • 万雑入用の事 / 17
  • 年貢米検見の事 / 19
  • 伝馬の事 / 22
  • 東山道鎮撫総督御布告の事 / 24
  • 五郷百姓評議の事 / 26
  • 岩鼻県知事諭達の事 / 28
  • 急進と漸進の両派に手別けの事 / 30
  • 矢中村天神森の事 / 32
  • 貝沢村五霊神社森へ集合の事 / 35
  • 諸田順之助鎮撫弁護の事 / 37
  • 柳原観音へ郡奉行出張の事 / 39
  • 立毛検見の事附検視の事 / 40
  • 柴崎村天王森へ集合の事 / 44
  • 通町木戸破りの事 / 45
  • 追手前桝方押寄のこと附たり各有志同情の事 / 46
  • 高崎購金世話役諸氏関根氏方にて焚出しの事 / 47
  • 大総代威権の事 / 49
  • 減納願書差出の事 / 50
  • 各村百姓各寺院へ引取りの事 / 52
  • 願書の一部聞済の事 / 64
  • 中編
  • 栗崎村地蔵寺会合の事 / 66
  • 清水寺の僧田村仙岳の事 / 67
  • 綿◇村市ヶ原集合の事附たり中仙道並木の事 / 69
  • 西光寺の会見附たり大根投げの事 / 72
  • 再度中仙道並木の事 / 74
  • 大総代佐藤三喜蔵近親、家族と別れの事 / 76
  • 大総代高井喜三郎友人の諫めを用へざる事 / 80
  • 大総代小島文次郎家族と別れの事 / 83
  • 天王森稲刈り評議の事 / 84
  • 綿貫村堀米某方にて願書認めの事 / 86
  • 岩鼻県庁へ訴願状差出しの事 / 87
  • 壱年限減納聞き届の事 / 91
  • 別動隊則ち漸進派の御触れに対する協議の事 / 94
  • 郡奉行各郷へ出張して減納の損失高を説示す / 96
  • 大総代佐藤、高井両氏召捕れの事 / 100
  • 粕沢石橋投石の事 / 102
  • 岡引親分三国屋へ百姓乱入の事 / 103
  • 倉賀野血の雨の事 / 105
  • 二タ子山竹鎗製造の事 / 107
  • 高崎城内より役人出張の事 / 108
  • 岩鼻県へ大総代逮捕せられたるに就き歎願の事 / 109
  • 再度弁当運ひの事 / 110
  • 年貢減納及其影響の事 / 112
  • 東郷並に西郷各村が勤倹議定の事 / 112
  • 東郷漸進派の活動の事 / 117
  • 大総代両人処刑の事 / 122
  • 中里留吉素裸体にて注進の事 / 124
  • 榛名山麓蛇塚集合の事 / 127
  • 丸茂元次郎上京の事 / 130
  • 下編
  • 弾正台へ出願の事 / 132
  • 大総代並に重立たる総代上京の事 / 137
  • 丸茂元次郎東京にて商人と姿を替る事 / 139
  • 丸茂元次郎街路歩行中に召捕れの夢を見る事 / 140
  • 稲荷に願書の進達を頼む事 / 142
  • 本隊と別動隊との首領神田明神にて邂逅の事 / 145
  • 丸茂、山田、岡田、民部省へ訴願書差出しの事 / 146
  • 馬場安五郎等民部省へ招喚の事 / 148
  • 丸茂、山田、岡田、の三人民部省より高崎藩へ引渡る事 / 152
  • 大総代小島文次郎処刑の事 / 154
  • 別動隊◇る羽鳥、久保田民部省へ出願の事 / 157
  • 箕輪村の富豪下田邸にて一県二藩役人評定の事 / 160
  • 各総代召捕れの事 / 164
  • 各総代処分決定の事 / 166
  • 最後の顛末 / 168
  • 補遺 / 174
  • 富沢作右衛門の事 / 174
  • 賞与の事 / 180

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 五万石騒動
著作者等 細野 格城
書名ヨミ ゴマンゴク ソウドウ
出版元 細野平格
刊行年月 明44.9
ページ数 184p
大きさ 22cm
NCID BA32350731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40017517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想