人を想うこころ

中村太釈 著

空海が説く恩とは?なぜ先祖供養をするのか?恩に報いるとはどういうことか?四国のお坊さんが伝える人生で大切な四つの恩と供養のお話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ先祖供養をするのか(顔も知らないご先祖さまは、ほっとけ様ですか
  • なぜ法事をするのか ほか)
  • 第2章 ご先祖さまの恩を感じて生きる(なぜ、亡くなった父母の供養をするのか
  • 十三人の仏さまに導かれるストーリー ほか)
  • 第3章 仏教に助けられる恩を感じて生きる(仏教って難しいというイメージをもっていませんか
  • ほんと、きれいだね ほか)
  • 第4章 生きている人の恩を感じて生きる(恩とは木の根っこのようなもの
  • 姿は見えないけれど ほか)
  • 第5章 国と社会の恩を感じて生きる(あたりまえのような平和は「国と社会」のおかげ
  • 怒りをもってしまったら ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を想うこころ
著作者等 中村 太釈
書名ヨミ ヒト オ オモウ ココロ : ジンセイ デ タイセツ ナ オン ト クヨウ ノ ハナシ
書名別名 人生で大切な恩と供養の話
出版元 日本文学館
刊行年月 2017.10
ページ数 100p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7765-3929-2
全国書誌番号
22960473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想