理論言語学史

畠山雄二 編

読者諸氏には、本書を通して、今ある理論言語学がどのようにして形づくられ、そして今後理論言語学がどのような方向に進んでいくのか考えてもらいたい。過去ならびに歴史を振り返ることは、今を知り、将来設計を立てる上で何よりも重要である。過去を知るからこそ、未来が見えてくるのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 初期理論から障壁理論まで(句構造規則-言語の設計図
  • 構成素-言語の基本単位 ほか)
  • 第2部 経済性理論から極小主義まで(原理・パラメータモデルの問題点-豊かすぎた普遍文法
  • 派生と表示の経済性-諸原理の統合へ ほか)
  • 第3部 認知言語学(アメリカ構造主義-「心」と「意味」の喪失
  • チョムスキー革命-「心」の回復 ほか)
  • 第4部 形式意味論(自然言語の形式化-モンタギューの企て
  • 可能世界意味論-「いま、ここ」以外の世界 ほか)
  • 第5部 生物言語学(生物言語学の誕生-進化論、失語症、生成文法、統合
  • 言語獲得の生物学的条件-臨界期 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理論言語学史
著作者等 尾島 司郎
本田 謙介
田中 江扶
畠山 雄二
藏藤 健雄
藤田 耕司
酒井 智宏
書名ヨミ リロン ゲンゴガクシ
出版元 開拓社
刊行年月 2017.9
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7589-2247-0
NCID BB24457941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22953520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想