重力波は歌う

ジャンナ・レヴィン 著 ; 田沢恭子, 松井信彦 訳

物体が運動したときに生じる時空のゆがみが光速で波のように伝わる現象「重力波」。100年前にアインシュタインが存在を予言しながら、これまで観測されていなかったこの波動を、米国の研究チームがついにとらえた。ノーベル物理学賞も確実視される偉業の裏には、どんなドラマがあったのか?天文学の新地平を切り拓く挑戦の全貌を関係者への直接取材をもとに描き出す、出色のサイエンス・ドキュメンタリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブラックホールの衝突
  • 雑音のない音楽
  • 天の恵み
  • カルチャーショック
  • ジョセフ・ウェーバー
  • プロトタイプ
  • トロイカ
  • 山頂へ
  • ウェーバーとトリンブル
  • LHO
  • スカンクワークス
  • 賭け
  • 藪の中
  • LLO
  • フィゲロア通りの小さな洞窟
  • どちらが早いか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重力波は歌う
著作者等 Levin, Janna
松井 信彦
田沢 恭子
レヴィン ジャンナ
書名ヨミ ジュウリョクハ ワ ウタウ : アインシュタイン サイゴ ノ シュクダイ ニ イドンダ カガクシャタチ
書名別名 BLACK HOLE BLUES

アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち
シリーズ名 ハヤカワ文庫 NF 509
出版元 早川書房
刊行年月 2017.9
ページ数 334p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050509-7
NCID BB24793009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22951040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想