日本の異界 名古屋

清水義範 著

東京も大阪も、人が住むところだとは思っていない。濃尾三川が名古屋がガラパゴス化させた。徳川宗春の失敗が、名古屋を堅実にした。かき氷にも味噌!?サムライ言葉で会話…独自の進化をとげる町・恐るべし、名古屋!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 名古屋に魅力はなぜないか
  • 第2章 名古屋人のツレ・コネクション
  • 第3章 名古屋人は功利的である
  • 第4章 名古屋弁は仲間内言語である
  • 第5章 名古屋の味は面白さ重視
  • 第6章 奇才藩主宗春が名古屋を変えた
  • 第7章 名古屋の経済は自立している
  • 第8章 名古屋のタウン考
  • 第9章 尾張藩のざっくりとした歴史
  • 第10章 これからの名古屋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の異界 名古屋
著作者等 清水 義範
書名ヨミ ニホン ノ イカイ ナゴヤ
書名別名 Nihon no ikai nagoya
シリーズ名 ベスト新書 559
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2017.7
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12559-5
NCID BB24317250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22931862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想