もがく建築家、理論を考える

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 編

1964年と2020年-ふたつのオリンピックのはざまで、現代日本建築の格闘を丹下健三につづく4世代の建築家が語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜいま丹下健三から考えるのか(隈研吾
  • 小渕祐介)
  • 空間を感知するために(磯崎新)
  • 様式を共有する(香山壽夫)
  • 建築の始原へ(藤森照信)
  • つなぐ建築(大野秀敏)
  • 建築より大きく、都市より小さく(妹島和世)
  • 日常の建築家(隈研吾)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もがく建築家、理論を考える
著作者等 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies
書名ヨミ モガク ケンチクカ リロン オ カンガエル
書名別名 Mogaku kenchikuka riron o kangaeru
シリーズ名 T_ADS TEXTS 02
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.6
ページ数 257p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-13-063851-7
NCID BB23994639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22930866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
つなぐ建築 大野秀敏, 小渕祐介
なぜいま丹下健三から考えるのか 小渕祐介, 隈研吾
建築の始原へ 小渕祐介, 藤森照信
建築より大きく、都市より小さく 妹島和世, 小渕祐介
日常の建築家 小渕祐介, 隈研吾
様式を共有する 小渕祐介, 香山壽夫
空間を感知するために 小渕祐介, 磯崎新
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想