老後のホンネ、幸せなのはどっち?

辻川覚志 著

"幸せな老後"って、何?1万回を超える電話相談と、2400名へのアンケートをもとに解説した一冊。「老後はひとり暮らしのほうが満足度が高い」「夫婦でも、いつも一緒に行動するのは、大きなストレスになる」「子供の世代とは、緊急の連絡手段だけ確保したら、あとはお互い好きに生きる」。建前なしの"ホンネ"をベースに考えてみると、これまでとは違った幸せの形が見えてくる。文庫書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 老後の「幸せ」はどっち?(ひとり暮らしを満喫したい、子世代と同居したい
  • 自立するのが幸せ、誰かに頼れるのが幸せ ほか)
  • 第2章 老後の「幸せな夫婦」はどっち?(お互いの「違い」を尊重する、お互いの「共通」を尊重する
  • ひとりで行動する時間を大事にする、ふたりで行動する時間を大事にする ほか)
  • 第3章 老後の「幸せな家族」はどっち?(仲がよくても同居は避ける、同居は当然と考える
  • 世代の違いを尊重する、若い世代に合わせる ほか)
  • 第4章 老後の「幸せな習慣」はどっち?(忙しく過ごすことが生きがい、暇だと感じる時間を大切にする
  • 声を出す習慣がある、無口なことを気にしない ほか)
  • 第5章 老後の「幸せなもしもの備え」はどっち?(金銭管理は自分でする、金銭管理は他人に任せる
  • 施設に入ることも検討する、自宅を終の住処にしたい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老後のホンネ、幸せなのはどっち?
著作者等 辻川 覚志
書名ヨミ ロウゴ ノ ホンネ シアワセ ナノワ ドッチ
シリーズ名 PHP文庫 つ10-1
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.7
ページ数 196p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76739-0
全国書誌番号
22926469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想