『資本論』と変革の哲学

牧野広義 著

[目次]

  • 第1章 『資本論』と変革の哲学-産みの苦しみを短くし、やわらげる
  • 第2章 マルクスの唯物論と弁証法-現実の肯定的理解と否定的理解
  • 第3章 商品、貨幣と人間労働-物神崇拝、物件と人格
  • 第4章 資本と労働-主体としての資本
  • 第5章 労働時間をめぐる階級闘争-工場法は「マグナ・カルタ」
  • 第6章 資本主義的生産様式の発展-資本の生産力
  • 第7章 機械制大工業と労働者-人間の発達、人間と自然との物質代謝
  • 第8章 賃金・利潤・地代-本質と現象形態
  • 第9章 資本主義社会の矛盾-富の蓄積と貧困の蓄積
  • 第10章 資本主義社会の変革と将来社会-個人の自由な発達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『資本論』と変革の哲学
著作者等 牧野 広義
書名ヨミ シホンロン ト ヘンカク ノ テツガク : ニンゲンラシイ シャカイ オ メザシテ
書名別名 人間らしい社会をめざして

Shihonron to henkaku no tetsugaku
シリーズ名 資本論
出版元 学習の友社
刊行年月 2017.6
ページ数 258p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7617-1443-7
NCID BB24123210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22926439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想