日英経済関係史研究

杉山伸也 著

日英関係にみる歴史の教訓。幕末から第2次大戦までの日英関係を広くグローバル・ヒストリーのなかに位置づけ、アジアを舞台として英国への依存から自立、協調と競争、対立、そして戦争へ向う近代日本の姿を克明に描き出した珠玉の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日英経済関係史-一六〇〇〜一九四一年
  • 第2章 トマス・B.グラバー-幕末・維新期の英国商人
  • 第3章 日本石炭産業の発展とアジア石炭市場
  • 第4章 東アジアにおける繊維市場-一八六〇〜一九一四年
  • 第5章 一九世紀後半期における東アジア精糖市場の構造
  • 第6章 中国におけるスワイア商会-一八六七〜一九一四年
  • 第7章 日本糖の中国進出とスワイア商会-一九〇三〜三一年
  • 第8章 戦間期日本の綿製品輸出と貿易摩擦
  • 補論 英国商社研究史の動向と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日英経済関係史研究
著作者等 杉山 伸也
書名ヨミ ニチエイ ケイザイ カンケイシ ケンキュウ : センハッピャクロクジュウ センキュウヒャクヨンジュウ
書名別名 1860~1940
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2017.6
ページ数 436p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2399-0
NCID BB23885713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22922912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想