沖浦和光著作集  第2巻

沖浦和光 著

幸徳秋水、田中正造、大杉栄、大石誠之助、荒畑寒村、堺利彦、山川均、福本和夫…。大逆罪・治安警察法などの権力の横暴に反逆する民衆を命がけで主導した強靱な精神の系譜を探求する論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『近代日本の思想と社会運動』(全録)(明治初期の社会主義と熊野・新宮グループ
  • 日本近代化における国権派と民権派の対立
  • 社会主義運動の前史段階
  • 黎明期労働運動の生成と挫折
  • "民友社"と明治第二世代 ほか)
  • 2 日本マルクス主義の思想方法の一特質-福本イズムの思想的意義をめぐって(なぜ「福本イズム」を問題にするのか
  • 山川イズムの指導性の喪失と福本イズムの出現
  • 日本マルクス主義思想の成立と福本イズム
  • 「レーニンの理論」の輸入と解釈をめぐって
  • 主観主義と教条主義 ほか)
  • 3 スターリニズムの成立過程-一九二〇年代のロシア革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖浦和光著作集
著作者等 沖浦 和光
書名ヨミ オキウラ カズテル チョサクシュウ
書名別名 近代日本の文化変動と社会運動

Okiura kazuteru chosakushu
巻冊次 第2巻
出版元 現代書館
刊行年月 2017.7
ページ数 435p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-7012-1
NCID BB2405839X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22920662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想