私たちのなかの私

アクセル・ホネット [著] ; 日暮雅夫, 三崎和志, 出口剛司, 庄司信, 宮本真也 訳

正義論、権力論、社会学、精神分析といった様々な分野を批判的に検証し、ヘーゲル現象学・法哲学における自己意識と自由、ロールズらの正義概念とリベラリズム、資本主義における自己実現と労働問題、道徳と権力の関係、国際関係における国家の問題、さらには、愛する人の死に直面する困難まで、承認論をアクチュアルな問題に対峙させ、議論の射程を新たに拡張する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヘーゲル的根源(欲望から承認へ-ヘーゲルの自己意識の基礎づけ
  • 実現された自由の国-ヘーゲル『法哲学』の構想)
  • 第2部 体系的帰結(正義の織物-現代における手続き主義の限界について
  • 労働と承認-新たな理論的規定の試み
  • イデオロギーとしての承認-道徳と権力の関連について
  • 社会的なものの液状化
  • 社会研究としての哲学-デイヴィッド・ミラーの正義論によせて)
  • 第3部 社会理論的適用(国家間の承認-国家間関係の道徳的基盤
  • 組織化された自己実現-個人化のパラドクス
  • 資本主義的近代化のパラドクス-研究のためのプログラム(マーテイン・ハルトマンとの共著))
  • 第4部 精神分析的拡張(否定性の仕事-精神分析の承認論的修正
  • 私たちのなかの私-集団の駆動力としての承認
  • 前社会的自己の諸相-ジョエル・ホワイトブックへの反論
  • 現実が力を失うとき-慰めの世俗的形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私たちのなかの私
著作者等 Honneth, Axel
三崎 和志
出口 剛司
宮本 真也
庄司 信
日暮 雅夫
ホネット アクセル
書名ヨミ ワタクシタチ ノ ナカ ノ ワタクシ : ショウニンロン ケンキュウ
書名別名 DAS ICH IM WIR

承認論研究

Watakushitachi no naka no watakushi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1056
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.5
ページ数 368,2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01056-9
NCID BB23717978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想