堺屋太一著作集  第10巻

堺屋太一 著

尾張・美濃を平定し、天下人への道を突き進む信長。その後を追い、秀吉は戦闘と出世競争に驀進する。だが天下統一を目前にして、信長は本能寺の変に散った。熾烈な権力闘争を制して、関白、太閤となった秀吉。天下取りの夢を超えた男の最期の言葉は何だったのか?堺屋太一が描く戦国歴史小説の集大成、ここに完結。作者自身による書き下ろし解説付き。「組織」から戦国を見通す、堺屋版『太閤記』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堺屋太一著作集
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ サカイヤ タイチ チョサクシュウ
書名別名 秀吉 : 夢を超えた男. 下

Sakaiya taichi chosakushu
巻冊次 第10巻
出版元 東京書籍
刊行年月 2017.6
ページ数 645p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-487-81020-8
NCID BB23948915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22908689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想