ヘーゲル哲学を語る

牧野広義 編著

[目次]

  • 21世紀の今、なぜヘーゲルか
  • 第1部 ヘーゲル研究の道すがら(ヘーゲルゆかりの都市を訪ねて
  • ヘーゲルと女性-ベルリンの「女の会」にて
  • 本物だった講義録-『ヘーゲル法哲学講義録1819‐20年』について
  • 長男が筆記した論理学講義-ヘーゲル論議学講義1831年
  • 講義録の中に見るヘーゲル論理学)
  • 第2部 ヘーゲル哲学を読み解く(ヘーゲル論理学と矛盾・主体・自由
  • 生きた論理学-ヘーゲル論理学における生命概念の意義
  • ヘーゲルとスポーツ哲学
  • ヘーゲルとマルクス-社会哲学と論理学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル哲学を語る
著作者等 牧野 広義
書名ヨミ ヘーゲル テツガク オ カタル
書名別名 Gespräch über Hegels Philosophie

Hegeru tetsugaku o kataru
出版元 文理閣
刊行年月 2016.10
ページ数 195p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89259-800-5
NCID BB22425707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想