メカニズムから見る吸入デバイスのピットホール

大林浩幸 著

[目次]

  • 第1章 患者さんは吸入薬を本当に吸えていますか-喘息・COPDの吸入指導に8つの盲点(吸入指導は吸入手順の説明だけではない
  • 医療者の常識にとらわれてピットホールに気が付かない
  • 吸入薬は処方しても吸入デバイスを「処方」していない ほか)
  • 第2章 デバイスのメカニズムから見たピットホールと吸入指導のポイント(ディスカス
  • ディスクヘラー
  • エリプタ ほか)
  • 第3章 吸入指導に役立つデバイス関連の豆知識-デバイス選択にも役立つトピックス(キャップを侮るなかれ
  • キャップが開けにくくなるピットホール
  • 吸入操作前には必ず残量を確認する指導を! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メカニズムから見る吸入デバイスのピットホール
著作者等 大林 浩幸
書名ヨミ メカニズム カラ ミル キュウニュウ デバイス ノ ピット ホール : ゼンソク シーオーピーディー キュウニュウ リョウホウ ノ カンジャ シドウ ニ ヒッケイ
書名別名 喘息・COPD吸入療法の患者指導に必携!

Mekanizumu kara miru kyunyu debaisu no pitto horu
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2016.10
ページ数 183p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-8222-0097-8
NCID BB22397758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22803463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想