犯罪論集

木村靜子 著

[目次]

  • 法規範と義務規範
  • 責任論の一考察-故意と過失との区別について
  • 故意と過失との限界について
  • 主観的犯罪構成要素としての故意
  • 違法性の一考察
  • 客観的違法と行為の無価値性-人的違法論に関連して
  • 責任理論の或る史的考察
  • 構成要件の一つの問題
  • 過失犯と不作為犯
  • 過失犯における行為の危険性
  • 未遂犯における既遂故意と主観的違法要素
  • 刑法体系における故意の考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪論集
著作者等 木村 静子
木村 靜子
書名ヨミ ハンザイロンシュウ : ハンザイ コウセイ ト コイ カシツ
書名別名 犯罪構成と故意・過失

Hanzaironshu
出版元 世界思想社
刊行年月 2016.4
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1683-9
NCID BB21366497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22767616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想