社会の「見える化」をどう実現するか

三木由希子, 山田健太 編著

[目次]

  • 第1部 公開(情報公開制度の胎動と誕生
  • 情報公開制度の広がりと法制化
  • 福島原発事故と情報公開請求
  • SPEEDIと特定避難勧奨地点と公文書
  • 福島県「県民健康調査」と公文書)
  • 第2部 秘密(言論・表現の自由の現在
  • 秘密保護法にあらわれる政府の情報隠蔽構造
  • 「自主規制」という名の言論統制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会の「見える化」をどう実現するか
著作者等 三木 由希子
山田 健太
書名ヨミ シャカイ ノ ミエルカ オ ドウ ジツゲン スルカ : フクシマ ダイイチ ゲンパツ ジコ オ キョウクン ニ
書名別名 福島第一原発事故を教訓に

Shakai no mieruka o do jitsugen suruka
シリーズ名 専修大学社会科学研究所社会科学研究叢書 18
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2016.3
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88125-306-9
NCID BB21114224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想