満蒙開拓青少年義勇軍の旅路

旅の文化研究所 編

夢と希望を抱き満洲に渡った八万六千の少年たち。彼らを待っていたのは広漠たる大地と敗戦という現実だった。国内での募集から渡満の行程、訓練所での日々、そして引揚げという過酷な帰途までを当事者の証言と資料をもとに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「満蒙開拓青少年義勇軍」前史
  • 第1章 招待旅行にみる満洲イメージ
  • 第2章 義勇軍設立と内原訓練所の日々
  • 第3章 満洲への旅路
  • 第4章 現地訓練と満洲の現実
  • 第5章 義勇軍と女性たち
  • 第6章 終戦、そして引揚げ
  • 終章 「春傷」の満洲体験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満蒙開拓青少年義勇軍の旅路
著作者等 旅の文化研究所
書名ヨミ マンモウ カイタク セイショウネン ギユウグン ノ タビジ : ヒカリ ト ヤミ ノ マンシュウ
書名別名 光と闇の満洲

Manmo kaitaku seishonen giyugun no tabiji
出版元 森話社
刊行年月 2016.4
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86405-094-4
NCID BB21208860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想