右胸にありがとうそしてさようなら

生稲晃子 著

娘のために命を優先しなければ。ごく早期で発見された乳がん。だが再発を繰り返し、ついに全摘へ-。日記に吐露された魂の叫びで綴る壮絶闘病の全容。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発病
  • 第2章 乳房温存術と真夏の放射線療法
  • 第3章 再発
  • 第4章 乳房全摘同時再建術
  • 第5章 告白
  • 第6章 ドクターとの対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 右胸にありがとうそしてさようなら
著作者等 生稲 晃子
書名ヨミ ミギムネ ニ アリガトウ ソシテ サヨウナラ : ゴド ノ シュジュツ ト ニュウボウ サイケン センハッピャクニチ
書名別名 5度の手術と乳房再建1800日
出版元 光文社
刊行年月 2016.4
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-334-97865-5
NCID BB21840485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想