第一次世界大戦と現代

的場哲朗 編著

第一次世界大戦が現代に及ぼした影響を考察する。日本、アメリカ、ドイツ、フランス、中国、オーストラリア…世界中を巻き込んだ騒乱の時代を、各国の社会状況と文化面から多角的に分析していく。社会と文化が国単位でまざりあった時代に、ナショナリズムがいかにして醸成されたかをダイナミックにえがきだした。現代が抱える、国と民族意識の問題の端緒をみる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ワイマール憲法下における「学校の自治」の法的構造
  • 2 第一次世界大戦期の「戦争責任」と「民族自決」
  • 3 市民社会の成立とリアリズム-1920年代のドイツ絵画を中心として
  • 4 第一次世界大戦と哲学-世界大戦後の"精神的空気"から見る
  • 5 日本ナショナリズム史のなかの対華二十一箇条要求-対華二十一箇条要求をめぐる当時の論調
  • 6 100年前のフランス美術界事情-反アカデミスムの戦いから内なるヴィジョンへ
  • 7 1920年代のアメリカ-禁酒法時代における陪審裁判と陪審による法の無視
  • 8 第一次世界大戦とオーストラリア-ナショナリズムとアンザック神話の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第一次世界大戦と現代
著作者等 的場 哲朗
書名ヨミ ダイイチジ セカイ タイセン ト ゲンダイ
書名別名 Daichiji sekai taisen to gendai
シリーズ名 白鷗大学法政策研究所叢書 7
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2016.4
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86345-289-3
ISSN 1883-1133
NCID BB21222384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22746990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想