メッセンジャーナース

村松静子 監修 ; 甲州優, 武田美和, 川口奏子 編集

[目次]

  • 第1章 私のメッセンジャーナース事始め
  • 第2章 "研究報告"メッセンジャーナースの活動について研究的立場から見えたもの
  • 第3章 全国各地のメッセンジャーナース-本来の看護の力を発揮したい
  • 第4章 患者・家族の「こころの風景」-その心に向き合って
  • 第5章 被災地におけるメッセンジャーナース-「ここさこらんしょ」で心の復興を
  • 第6章 メッセンジャーナース研鑽セミナーとそこでの学び
  • 第7章 メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について
  • 第8章 これからのメッセンジャーナースの挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メッセンジャーナース
著作者等 川口 奏子
村松 静子
武田 美和
甲州 優
在宅看護研究センターLLPメッセンジャーナース認定協会
書名ヨミ メッセンジャー ナース : カンゴ ノ ホンシツ ニ セマル
書名別名 MESSENGERNURSE

MESSENGERNURSE : 看護の本質に迫る

Messenja nasu
出版元 看護の科学社
刊行年月 2016.4
ページ数 361p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87804-094-8
NCID BB21529627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22735667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「生きていく覚悟」に勇気をもらって 本田裕子
「離島で暮らす島民のメッセンジャーナースへのニーズ調査」からわかったこと 田畑千穂子
これからのメッセンジャーナースの挑戦 川口 奏子, 甲州 優, 武田 美和
わが家のような雰囲気を 町屋千鶴子
セカンドハウス「ここさこらんしょ」開設の経緯と最初の取り組み 仲野佳代子
セミナーでの仲間づくり 武田 美和
セミナーでの学びの活かし方 武田 美和
メッセンジャーナースの法律的な整合性について 乗越千枝, 小林裕美, 村松 静子
メッセンジャーナースの認定と研鑽セミナーの内容 村松 静子
メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について 吉田和子
医療の受け手の使者になり、医療者との懸け橋となる 田口かよ子
医療者と患者および家族との間の認識のズレは本当にあるのか 中村享子
地域の人たちに寄り添って 木村恵子
大阪府から がん患者へのサポートから地域づくりへ 南孝美
実働部隊として福島へ 坂内みゆき
対話から見えた「こころの風景」 武田 美和
山口県から 地域の人たちの生活の声援者として 原田典子
岡山県から まちの看護師として「晴」を設立 赤瀬佳代
後輩につなぐ"看護の本質" 松本ヤヨイ
患者・家族に教えられた「聴く」ことの大切さ 村中知栄子
新潟県から 「認識のズレ」と「尊厳の遵守」に挑戦 小田直美
最期まで希望を支える関わり 武田 美和
栃木県から 看護を語る会in栃木」の活動 山口久美子
看護師は黒子に徹する 中村義美
研鑽プログラムに込めた思い 村松 静子
神奈川県から 病院のがん相談員として、それぞれの人生・思いに向き合って 倉戸みどり
私のメッセンジャーナース事始め 甲州 優
自分自身を知ることで、相手とも向き合えるようになって 川口 奏子
長崎県から 迷いだらけの看護道からたどりついた看護 前田真由美
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想